雑貨とギャラリー ならの実

May 9, 2022

fabrica. POP UP STORE のご案内

今週末から開催予定のイベントのご案内です。

fabrica.のバッグに使用している生地は9号帆布。
ざっくりとした織り目の一般的な帆布に比べ、目がしっかりと詰まっているため、程よい厚みと丈夫さが特徴です。
現在は生産されていない貴重な「シャトル織機」を使用し、1日(8時間)約50~70Mをゆっくりと織り上げられています。
空気を含み、仕上がる帆布は独特の風合いが生まれます。

発色が良く色落ちしにくい『先染め帆布』が使用されており、パラフィン加工と洗い加工で独特のユーズド感があり、大人の落ち着きと品の良さが感じられます。

牛革にはベジタブルタンニン鞣しが施されています。
植物性の材料を使用しているため、環境にも人にも優しく使うほどに色艶が増してきます。

お使いになる頻度や環境によって、自分だけの鞄へと仕上がっていきます。
自分使いが終われば、次の世代へと受け渡していくのも素敵ですね。
「もっと日本を感じてもらいたい」「人との繋がりを大切にしてもらいたい」という思いが込めれているfabrica.の鞄。
この機会にぜひ直接手に取ってご覧ください。

倉敷帆布「fabrica. POP UP STORE」
2022.5.14(sat)-5.22 (sun) 11:00-18:00

お待ちしております。

April 28, 2022

倉敷帆布「fabrica. 」POP UP STORE

5/14土曜日から開催予定のイベント情報です。

倉敷帆布「fabrica. POP UP STORE」
2022.5.14(sat)-5.22 (sun) 11:00-18:00

現在生産されていない貴重な「シャトル織機」で、
職人の手で撚糸から製織まで一貫生産している地場産業『倉敷帆布』。
fabrica.では、その中でも特に生産が難しいといわれる特級の先染めの9号帆布が使用されており、ざっくりとした織り目の一般的な帆布に比べ、目がしっかりと詰まっていて、程よい厚みと丈夫さが特徴です。

商品の詳細は連休明けに告知させて頂きます。
連休中も無休にて営業しておりますので、みなさまのご来店お待ちいたしております。

March 16, 2022

商品入荷のご案内

パスタを作ると、どうしても調理器具が増えて、後片付けが大変。
そんな悩みを解決してくれるマルチパスタパンが、4w1h(燕三条キッチン研究所)より届きました。
パスタを茹でる時には、大きめの鍋に大量のお湯が必要だったところが、ロングパスタを横に寝かせて鍋に入れられるので、最小の湯量で茹でられるのが嬉しいポイント。
また、水の量も少なくて済むので、すばやく湯を沸かせます。

パスタを沸かした鍋をそのままシンクへ持って行って、波形の隙間を下にして傾ける事で、お鍋の湯を全て切る事ができます。
パスタが飛び出さず、お湯だけがきちんと出るようになっている波形と、凹みでフタをホールドできる持ち手により、鍋を傾けるだけで湯切りができるようになっています。
本体に水流を促す傾斜が付けてあるので残さず湯を切ることができ、意外と手間取る湯切り作業が、ザル要らずでスマートに完了します。

さらに湯切りした後は、そのままパスタの味付けに取りかかれます。
意外と置き場に困まる蓋も、鍋の持ち手部分に立てることができる仕組みになっています。
そして、本体内側は、フッ素で塗装されており、焦げ付きもなく、調理も後片付けも簡単です。

火が通りやすく、均一に熱が伝わる浅形の鍋なので、野菜を茹でる時も重宝します。
波形スリットの反対側は、勢いよく湯切りができる切り口になっているので、温野菜の湯切りにもいいですね。

オンラインショップでもお取り扱いしております。
ならの実オンラインショップ

「茹でる、湯を切る、炒める」の工程を一つの鍋でできてしまうマルチパスタパン。
是非一度お試しください。

older

newer